Azureの料金のはなし

2014/11/22に行われた第5回JAZUG札幌勉強会のLTで発表した内容です。

  1. doc
    2014/11/22に行われた第5回JAZUG札幌勉強会のLTで発表した内容です。
    Transcript Header:
    Azureの料金のはなし
    Transcript Body:
    • 1. Azureの料金のはなし 2014/11/22 第5回JAZUG札幌勉強会素敵なおひげ
    • 2. 自己紹介 H/N 素敵なおひげ Twitter -@stknohg Blog -http://stknohg.hatenablog.jp/ 何者? CLR/HとJAZUG札幌の裏方です。 札幌でSIerやってます。 残念ながらお仕事ではAzure使ってません (´・ω・`)
    • 3. はじめに 内容に関しては本日(2014/11/22) 時点のものになります。 極力間違いのない様に調べていま すが内容の正確性を保証すること は出来ません。 あらかじめご了承ください。
    • 4. Azureの料金について 料金概要 従量課金 最新の料金はWebで確認 http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/ 早わかりガイド http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/azure/Buy/licensing- guide/default.aspx 料金計算ツール http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator/ 簡易見積りシミュレータ MSBCのツール 利用例の多いユースケースで計算できる http://www.microsoft.com/japan/msbc/Express/campaign/azure2/03_trial/azuresimulator/
    • 5. 料金概要
    • 6. 早わかりガイド
    • 7. 料金計算ツール
    • 8. 簡易見積りシミュレータ
    • 9. 比較(AWSの簡易料金計算ツール) http://calculator.s3.amazonaws.com/index.html?lng=ja_JP
    • 10. 比較(AWSの簡易料金計算ツール) 料金計算オプション?
    • 11. リザーブドインスタンス(AWS) EC2、RDS等の一部のサービスが対象 1年または3年の長期利用を予約し、予約金を払う事 で使用料を割引する 予約するAZ、インスタンスタイプを指定 軽度~重度までの種類があり、予約金の額と割引率が異 なっている 途中解約しても予約金が返ってこないだけでペナルティ は無い スポットインスタンスなんてのもあるがこちらは割愛 参考 http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20131023-aws-meisterregeneraterispotpublic
    • 12. 疑問 Azureにはリザーブドインスタンスの 様な割引オプションはないのか?
    • 13. 6か月および12カ月プラン 料金前払いによる使用料の割引 リザーブドインスタンスとは違い予約金ではない 単純なプリペイド方式 事前コミットメント(前払い金)額に応じて使用料が 割引される たくさん前払いをすれば割引率も高くなる クレジットまたは、請求書払い 詳細 http://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/commitment-plans/
    • 14. 6か月および12カ月プラン 新しい登録者は、このプランをご利用いた だけなくなりました。
    • 15. 疑問 じゃあ、今のAzureにはどんな オプションがあるのか?
    • 16. Azureの購入オプション 料金概要(http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/)より
    • 17. 従量課金制サブスクリプション いわゆる通常の従量課金 基本クレジット払い 請求書払いは要承認 http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/invoicing/ 支払通貨は(日本においては)円 Microsoftアカウントの支払通貨で決まる? 支払通貨を変更できるのかは不明 出来なさそう 詳細 http://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms-azr-0003p/
    • 18. オープンボリュームライセンスプログラム リセラー(販売代理店)からAzureクレジットを購入する 方式 Azureクレジットは$100(¥10,200)単位で購入 ただし、実際の販売価格はリセラーが決める クレジットの有効期限は12カ月 支払方法はリセラーに応じた形 日本の商習慣にあっている…はず。 使用料に対するディスカウントは無い リセラー毎による付加サービスがある…んだと思います。 詳細 http://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms-azr-0111p/ http://www.microsoft.com/japan/msbc/Express/sbc/license/azure_ol_1508/
    • 19. エンタープライズ契約(EA) ボリュームライセンスのEAと同等の内容 年払い ユーザー規模に応じた価格レベル(A-D)に応じて使用料を割引 金額の詳細は非公開? 価格レベル一覧 詳細 http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/enterprise-agreement/ http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/licensing-options/enterprise-detail.aspx 価格レベル デバイス/ユーザー数 A 250 台(人)以上、2,400 台(人)未満 B 2,400 台(人)以上、6,000 台(人)未満 C 6,000 台(人)以上、15,000 台(人)未満 D 15,000 台(人)以上
    • 20. メンバープラン MSDNサブスクリプションなどを持っていると割引 サービスを受けられる MSDNサブスクライバー 月¥10,500のAzureクレジット 開発利用に限り使用料が値引きされる VM 33% 割引 Cloud Services、HDInsight、Reserved Websites 25% 割引 BizSparkメンバー BizSparkのMSDNも割引対象 Microsoft Partner Networkメンバー 月¥10,500のAzureクレジット
    • 21. (まとまらない)まとめ 最初はAzureとAWSで価格比較でもしようかと思っ たんですが、無理でした。 そもそも論としてサービスが多すぎる 利用シーンやパターンがそれぞれ異なる 料金プランも結構違う Azureの購入オプションが地味にわかりにくかった。 個人がとりあえず従量課金する分には問題ない オープンボリュームはもう少し詳しい説明が欲しい 既存のボリュームライセンス契約との関連がややこし い
    • 22. おわり ご清聴ありがとうございました。
    View More